認証制度について

一般的な認証制度とは

会社のルールを明確にして、文書化し、決めたルールどおりに管理されていることを
第三者(監査会社など)に証明してもらい、お墨付きを得る

食品安全に関連する認証の規格
JFS規格、ISO22000、FSSC22000など

認証制度の図

食品安全に関連する規制や認証

食品安全に関連する規制や認証として次のようなものがあります。大きく分けて、厚生労働省主導の
食品安全規制と民間の規格に基づいた第三者(民間)認証の2種類があります。

(:第三者(民間)認証、:厚生労働省)

SQF(Safe Quality Food) 食品の安全と品質を確保するための国際的なマネジメントシステムで製造過程・製品認証基準
FSSC22000
(食品安全マネジメントシステム)
ISO22000を追加要求事項で補強した食品安全マネジメントシステムに関する国際規格
JFS-C規格 日本発の国際的規格
国際的に通用するようにISO等の認証の仕組みを構築
ISO22000
(食品安全マネジメントシステム)
食品安全マネジメントシステムに関する国際規格
HACCPの食品衛生管理手法をもとに食品安全のリスクを低減し、安全なフードサプライチェーンの展開を実現
厚生労働省
(HACCPに基づく衛生管理)
食鳥処理場、食肉処理場、スタッフ20名以上の工場(詳細未定)などが該当すると言われている
JFS-B規格 日本国内独自で開発された規格で中小事業者にとって取り組みやすく、段階的にレベルアップできる仕組みとなっている。
JFS-A規格 日本国内独自で開発された規格で、現段階では一般衛生管理を中心とした仕組みとなっている。
厚生労働省
(HACCPの考え方を取り入れた衛生管理)
少人数規模の工場、飲食店などとが対象と言われている。

JFSM(食品安全マネジメント協会とは)

一般社団法人食品安全マネジメント協会

日本から発信する・国際標準に適合した食品安全マネジメント

設立の背景
食品安全に関して国際的に通用する日本での認証の仕組み(スキーム)がなかったため、
食品安全とその信頼確保の取組を広く食品業界において推進していくために、
食品安全マネジメント規格・認証スキームの構築・運営、標準化及び人材育成等を行う事業主体として、2016年1月に設立された団体。
設立目的
  1. 食品関係事業者の食品安全、品質管理及び信頼確保の取組を向上させること。
  2. 食品安全管理等に係る取組を標準化することにより、食品事業者の安全管理等に係るコストの最適化を図ること。
  3. 食品事業者の取組や食品の取扱いの透明化を図り、関係事業者や消費者の選択や信頼に寄与すること

JFSMにて、日本発の食品安全管理の規格・認証スキームを発行、運用開始

JFS規格とは?

規格の公表
食品安全マネジメント協会では、パブリック/コメントの手続きを経て、
C規格について2016年7月26日に、A及びB規格について2016年10月4日に公表した。
規格の特徴(日本の食品事業者にとって)

1)あらゆる組織にとって取り組みやすいこと

  • あらゆる組織にとってなじみやすい日本語で表記された規格
  • ガイドラインによる補足説明
  • 各組織が自社の状況に応じた食品安全レベルの向上に取り組めるよう段階的にレベルアップできる仕組み

2)トップマネジメントの主導による現場重視の視点を取り込んだシステムであること

  • 組織のトップマネジメントが食品安全の取り組みに着実に関与することが重要
  • 現場の従業員からの食品安全に関する提案を適切に活用する仕組みを求めることで現場従業員の高い倫理観やモチベーションを醸成(C規格)

3)農林水産省や厚生労働省の既存の政策、規制との整合性を確保していること

  • ガイドラインで既存の政策や規制との関連を説明

4)和食及び和食に使われる産品のガイドラインの整備

  • 和食の品質を確保しつつ、安全を担保できるノウハウの標準化

JFS規格の3つの要素

HACCP・ISO支援センターは、公認された監査認証専門機関です。

図